中尾亜由美です。


あれもこれも、便利なSNSアプリがたくさん出て来ています。
何を使ったらベスト?って思いますよね。


ありとあらゆるものを使っていると、
更新だけで1日終わる?(笑)
1つ1つがうっすーい内容になりかねません。
どれも、100点満点中5点とか…


誰にも見られない。ってなります。
頑張ってる意味がない。


何が、自分に向いている?
数やれば、いつかは…
と言うより、どこに自分のお客様がいるか?


それで、使うものをチョイスした方がいいと思います。
ユーザーの年齢層もありますしね。


結局は見られないと意味はないので、
丁寧に更新していきたいですね。



Instagramの有効的な使い方

1番、なんとなく旬なものが、Instagramでしょうか。
10代〜20代がユーザーに多いですね。
うちの息子たちが使っています。



はじめは、写真がオシャレに加工できるアプリとして広まったように思います。

使いはじめたのが、2013年のようです。

あの頃は今のように写真加工アプリもいいのがなかったんですよね。

オシャレになると、嬉しかったのを覚えています。

Instagramは世界観を出せるので、
写真が上手な人用ですね。

次男は、買った服の写真を私がレイアウトし、私に撮らせます…
あなたのInstagramじゃないじゃん。それ。


若い方相手のビジネスなら、向いていますよね。
それと、写真でみせられる人には、
めっちゃいいと思います。


Instagramは、ツイッターとFacebookに同時にシェア出来ますので、
Instagramで1記事アップすれば、
一気に3つのアプリに同時投稿出来ます。
とても便利ですね。


逆にFacebookとTwitterからは、Instagramに同時投稿は出来ませんので、
Instagramを使うと一石三鳥です。


中尾のInstagram



Facebookについて

Facebookを、使いはじめたのは2011年。
進化しましたよねー。



Facebookは、終わったと昨年?くらいからかな〜、
言われています。


いいねもグッと減ってきています。


Facebookは、人の裏側が見えすぎて、
疲れる…と、最近は離れる人も多いです。


以前ほどの勢いはないですが、
私のお客様は、Facebookにたくさんいます。


このアンケートでもわかります。
オルゴナイトアンケート結果【なぜ人気なのか?どこから買ってくださってるのか?】

Instagramと一緒に使うと2つのツールを同時投稿できるので
おススメです。

まだ、拡散力はあるんじゃないかと思います。

中尾のFacebook



Line@

何かをお知らせするものとしては、
Line@があります。



お店の情報などを流すアプリとして登場しましたが、
私は、ちょっと違う使い方をしています。


『今日のメッセージ』を配信するアプリとして利用。
そうです、毎日送りつけています(笑)


※中尾のLine@
友だち追加

Line@の使い方はこうだよ〜…とかよく見ますが、
そんなん、無視です。


『毎日届くから嬉しい』と言われる方だけ登録されています。
ウザかったら、やめることもできますからね。


自分の好きな使い方します♪
私は、Line@を使うときに毎日のメッセージ用にしようと決めてはじめました。


すぐに無料は上限に達し使えなくなったので、
月々5,400円を払っています。
Lineは高いです。
なので、使う用途を考えてから、使いたいですね。



一斉に登録者に送れますが、
個々にも返信がもらえますので、
チャットで話が出来て便利です。


メールより、やり取りは便利です。

中尾のLine@



メルマガ



メルマガですが、
最近やってない人が多いですね。


古いイメージがあるんでしょうね。
だって、今時メールって…


昔は、メルマガだけで、億稼ぐ方とかいて、
メルマガをやろう!が主流でしたね。


その頃からはじめていましたが、
途中やめてしまいました。


2冊目の書籍のオファーがあった時に、
メルマガのことも書くことになったので、
有料のメルマガスタンドに登録しました。


はじめは勉強のためにと再開しましたが、
返信をいただいたり、
反応があると嬉しくて、
今も続けています。


メルマガは、顧客名簿です。
本当に読みたい人だけが登録されますから、
濃いファンがいます。



解除され、また登録され。
そうやって、段々と濃くなります。


メルマガだけで、講座が満席になったりします。
見に行かなくても届くわけですから、
ファンにとったら便利ですよね。


※中尾のステップメール





Line@をメルマガのような使い方をしてもいいな〜と思いますが、
スマホを持っていない方もいらっしゃるので、
メルマガは辞めずにやっていきます。


古いというイメージのままいたら、
もったいないかもしれませんね。
私は、とても便利に感じています。


今もなお、ご活躍の方は、
メルマガは大事にしてらっしゃいますね。
私もオススメします。


1つ、思うことは、ブログの更新もままならないのに
メルマガを始めると、更新に大変さを感じて、
やめてしまう事にもなるので、
少し、余裕がいるかもしれません。



ブログ



ブログは、11年やっています。

ヤフーブログ→FC2→アメブロ

ヤフーブログ(5年くらい)は、コメントのやり合いに疲れたってのと、
テンプレがダサい。

なので、スッキリシンプルなFC2(1ヶ月)にしましたが、
更新しても、シーーン…誰が見てんの?って寂しさ。
賑やかな、アメブロに移って来ました。


アメブロはそろそろ、卒業したいので、
ワードプレスの勉強しています。
HPとして、ワードプレスは持っていますので、
力を入れようと思っています。


ブログは、私は大事だと思います。


Facebookもインスタも長い文章を書けても、
ブログの様に読みやすくないです。
記事はどんどん流れていってしまって、
検索されません。


写真も挟んだりして、
自由に書けるのがブログ。

濃く書けますね。
大事な記事も置いておけるストックメディアです。


記事が流れていっても検索できます。


なので、ブログをメインにして、
FacebookやInstagramなどのフローメディアで、
書いたよ〜とお知らせ。


この組み合わせがスムーズな感じします。



まとめ

色んなアプリがありますが、
こう使わないと!
と言う決まりはないと思います。


どう使うか。
お客様がどこにいるか。
何を使うといいのか。


この辺を考えて、
あれこれ、欲張らずに使っていきたいですね。


SNSは拡散されてナンボです。
更新を怠らないことですね。


使いながら、考えるのもアリかと思います。



※中尾のオンラインサロン






カテゴリ: Facebookの使い方 インスタグラムの使い方


中尾亜由美です。


●Facebookのシェアからインスタグラムのフォロワーを増やす方法



インスタグラムの投稿をFacebookに同時投稿すると、
こんな表示になります。



これって、Instagramの文字をクリックしても、自分のインスタグラムのプロフィールに直接飛ばないんです。


インスタグラムのプロフィールに飛ばないので、フォロワーを増やしにくいんですよね。


フォロワーを増やしたいなら、ここに飛んで欲しい。(Instagramのプロフィール画面)


プロフィールに飛ぶ理由は、フォローボタンがプロフィール画面にしかないからです。

こちらの緑の枠内のボタンが、フォローするボタンです(英語表示ですが)

(自分のでは出ないのでプロフィール画面お借りしています)



投稿記事自体にいいねも嬉しいですが、フォローしてもらえたら見てもらえる確率も増えるので嬉しいですよね。


では、どうしたらいいのでしょうか?
まず、色んなシェアの仕方の流れを見てみましょう。


Facebookからインスタグラムへはどう飛ぶのか?


通常、インスタグラムからFacebookに記事をシェアするとこんな表示になります。

(Facebookの投稿画面)


オレンジ枠をクリックすると、インスタグラム自体に飛びます。

緑枠をクリックすると、インスタグラムで投稿した記事に飛びます。

↓ ↓ ↓





自分のインスタグラムのプロフィールに飛んでもらおうと思ったら、
もうワンクッションいります。



こちらをクリックすると、プロフィールに飛びます。

↓ ↓ ↓




こんな感じにプロフィールに飛びます。
↓ ↓ ↓


このワンクッションってとても手間。
そして、知らない人も多いです。

記事だけ見て終わり〜となります。


この違いも知らない人は多いです。

同じInstagramって書いてあるからややこしい。





インスタグラムの記事を書いた時に、インスタグラム投稿と同時にFacebookにもシェアする時方法


このような画面で、投稿内容を書きますよね。



書き終えたら、Facebookにシェするをクリックして
インスタグラム記事をシェアすると、InstagramとFacebookに記事を同時投稿できます。



インスタグラムの記事を書いた後に、インスタグラム投稿をFacebookにシェアする方法

インスタグラムで記事を投稿した後に、
Facebookやツイッターにシェアしたい場合は、こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




クリックすると出てくるこの画面の『シェアする』をクリック。

↓ ↓ ↓



この画面になるので、Facebookをタップして文字の色を青に変えます。

↓ ↓ ↓



で、右上のチェック✔️をクリックすると、
再投稿&Facebookにもシェアできます。


上記の2つのシェアのやり方は、このようなFacebook投稿になります。





インスタグラムへ投稿後にURLをコピーしてリンクを張る場合

シェアではなく、Instagramの記事URLを収得してから、Facebookに張り付けるやり方もあります。

こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




この画面の『URLコピー』でURLをコピーする。
↓ ↓ ↓




コピーしたURLをFacebookに張り付ける。
↓ ↓ ↓




こんな表示になります。
↓ ↓ ↓



ブログを張っているような感じと同じですね。

こちらも、Instagramの記事にしか飛びません。



Facebookの基本データからインスタグラムへ飛ぶ場合

散々、プロフィールに飛ばすのは、どうするの?と書いてきましたが、
結局、シェアでは飛びません。


Facebookの基本データにウェブサイトと載せることができます。

こちら。緑枠がInstagram。




この場合は、インスタグラムのプロフィールに飛びます。
インスタグラムのプロフィールURLはこちらの緑枠に表示されます。
↓ ↓ ↓



このように、Facebookの基本情報から飛んでもらえれば、
プロフィールに飛びますが、


投稿した記事からインスタグラムの存在を知ってもらうことの方が効率はいいです。
基本情報を見ない人は多いです。


流れてくる投稿を見る人の方が多いですので、
その時にインスタグラムの存在を知ってもらって
フォローしてもらえるといいですね。


フォローボタンは、プロフィール画面にありますので
記事にいいねだけでなく、フォローしてもらえる投稿をしたいですね。



インスタグラムのプロフィールURLの作り方

Instagramの自分のプロフィールアドレスってスマホでは出ません。(Facebookの基本情報からは得ることができます)

なので、インスタグラムのプロフィールURLの作り方をご紹介。

作って、URLをどこかにコピーして保存しておくといいですね。


【ここにアカウント名】のところに自分のアカウント名入れます。

https://www.instagram.com/ここにアカウント名/

https://www.instagram.com/kisaragifuku/


これが、自分(中尾)のインスタグラムのプロフィールURLになります。



Facebookからインスタグラムのフォローをしてもらいやすい投稿

上記のやり方で、自分のプロフィールURLを得て、
Facebookの投稿に貼り付けた例です。



写真を効率よく見せたり、記事だけでなくインスタグラムの投稿を色々見てもらいたい時には、効果的ですね。



まとめ

投稿には、色んなやり方があります。
自分の考えもあって、こうやろう、ああしょうと考えるわけです。
何が効果的と、考える人もいるでしょう。

この記事はそんな中の一部です。

いかに、Facebookからインスタグラムのプロフィールに飛んでもらうかという話ですので、
記事のシェアでいいわ〜って方には必要ではないと思います。

パソコンからなら、簡単に出来ることも、スマホではできないことが多いです。

出来ればスマホで済ませたい人には参考になるかもしれません。

私自身、スマホでいかに効率よくするかを考えますので、
良かったら参考になさってください。






中尾亜由美です。


FacebookとInstagramのビジネスツールとしての使い分け方


半年くらい前から、気になっていたことがあります。
『Facebookの反応が落ちている』
昨年とも随分違っています。


あ、でも私自身のお客様は減っていないんです。
売り上げも伸びています。


でも、ビジネスとしての使い方を考えないと…と思い、セミナーでもインスタグラムの使い方をお話ししています。


Facebookは流れていくフローメディア、Instagramは写真に特化したSNSです。


私が感じる違いを書いてみますね。



Facebookについて


・自分らしさが出せる
・文字だけでも考え方や感情をしっかり発信できる
・年齢層が30代〜50代(起業系が多い)
・いいねで拡散
・コメントでの交流が盛ん(仲良くなりやすい)


Instagramについて


・写真中心のメディア
・世界観が出せる(ビジュアルに特化)
・ビジネスツールとして使える
・作品集として使える
・年齢層が20代〜30代中心


認知されるという意味では、どちらもコツコツ投稿は必須です。


【Instagramのメリット】


Instagramは、世界観が出せるという面では、作家さんは作品集として使えますが、私は『自分らしさ』を出すには、色んな写真があってもいいかなと思います。


Instagramを活用しているアクセサリー作家さんにも統計をとってみましたが、こんな世界観で活動しています、こんな人です、と見せていくやり方もいいんじゃないかと思うとの意見もありました。


でもしっかり、作品集として使うとこちらのようなケースもあります↓コチラ
Instagramビジネスツールのススメ | 入園グッズ専門店 りんごの木



【Instagramのデメリット】


インスタもいいねやコメント、メッセージも出来ますが、まだまだ眺めているだけのツールです。


閉鎖的な感じはします。


拡散力は、Facebookの方があると思います。



Facebookの投稿で必要なこと


・自分の意見を書けること
(写真がなくても、心からの文章には反応がとてもいいです)
・投稿に合う写真を選ぶ
(イメージに合う写真をチョイスするセンス)
・お友達の数
(少ないと反応が悪い)
・交流を楽しめること
(コメント返しに疲れないこと)
・ブログとの連携
(ブログの拡散にむいている)


Instagramの投稿で必要なこと


・写真が上手いこと
(写真が命です。下手なら効果なし)
・世界観の統一
(写真の雰囲気を統一しましょう。バラバラだとイメージがつかめません)
・ハッシュタグ
(ブログなどでは出口になると言われていますが、つけるといいねが一気に増えるのでインスタの場合は一概には言えません。色々と自分なりに試して反応を研究する必要があると思います)



Instagramは、昔は写真の加工アプリのような感覚で使っている人が多くいました。
ビジネスに繋がったり、作品集として使おうと変化したのは、最近のように思います。


芸能人も自分の世界観を出すのに使っていますね。


まとめ


・Instagramのいいところは、写真だけが作品集のようにパッと見てわかります。

・Facebookのいいところは、自分という人柄を出せます。

自分の作品やお客様の年齢層に合ったツールを使うことが大事です。

入園グッズ製作の水上里美さんの場合も、今回は、百貨店からのオファーでしたが、お母さんの年齢層に合っているのはInstagramですね。

Facebookには、里美さんの考え方や生き方に共感するファンがいらっしゃいます。

やはり、ファンの心を掴むのは、文章だけでも発信できて拡散力のあるFacebookですね。


私の服の場合は、働いている40代〜50代の女性が中心です。

ある程度お金に余裕があり、自分に投資できる世代。

上質の素材のものを着たい方などです。

そうなると、Facebookが効果的ですし、実際注文はFacebookとブログからしか入ってきていません。

メディアからのオファーもブログでした。

Instagramは随分長く使っていますが、年齢層が少しずつ上がってきているので、私も今後はもっと力を入れようと思っています。

コツコツと投稿をしていますので、毎日フォロワーが増えています。


ちなみにわたしのインスタグラムです。


ツイッターについては、20代の息子たちが拡散目的にフル活用しています(笑)

私は、入り口を増やすために自動投稿で流しているだけで、重要視はしていません。


※関連記事
ハンドメイド作家に向いているインスタグラム…使い方も考えて


?>