カテゴリ: Facebookの使い方

Facebookのメッセンジャーの『いいねボタン』を取り消す方法



中尾亜由美です。


中尾のFacebook



Facebookのメッセンジャーが使いにくくなっていませんか?




スクロール中に、うっかり押しちゃう、
この『いいね』ボタンが付いてから、
スクロールがしにくくなりました。



Facebookって、進化してナンボな企業理念なんですよね。
でも、余計なものをつけるから、容量が大きくなって携帯を圧迫しています…
開くのも遅かったり、フリーズしたり、
編集したら投稿までに時間がかかったり…


メリットデメリットは何にでもありますよね。


私には、大迷惑ないいねボタンですが、
皆さんは、こんなことで困ってないですか?


うっかり押しちゃう!



メッセージを見直したいだけなのに、
スクロールしたら、ウッカリ押してしまいませんか?


悲しいメッセージや、悩み相談のメッセージに、
『ウケるね』とか押しちゃう悲劇も!


下手したら、交友関係に影響が…
気がつかなかったら悲惨です。


この機能を消すことができる?

残念ながら、機能の表示を消すことができません。


出来れば、使いたい人が使うように
選択制にしてくれたらいいのにと思います。


余計な気を使わずに、スクロールもしやすくなりますよね。


うっかりいいねを押しても取り消せる

このメッセージにうっかり付けちゃった『いいね』は、取り消しができます。

メッセージをどこでもいいので、長押しすると、
この表示が出てきます。



もう一度、同じいいねボタンをクリックすると
消えます!



エレベーターのボタンも押し間違えたら、
2回押すと消えますよね。


それと同じ。
ちょっと違う?(笑)
同じのを2回押すと消えます。


いいところもあり

もちろん、Facebookも考えています。
これどうかな?と機能を追加しているので、
ユーザーは楽しい使い方をしたいですね。


メッセージに返信するまでもない内容や
急いでいる時には、便利に使えますね。


返信の代わりになります。


それと、表情が見えないメッセージのやり取りなので、
感情が表現できていいですね。


まとめ

まとめいる?ってくらい短いですが(笑)

結構、消し方を知らない方が多いですね。

いいねもタイムラインの投稿だけで十分で、

個人的なやりとりの文章にまで、いいねいるのか?

と、思うのでした…


わざとでなくても、モメるかもしれない微妙なボタン。


なくなってくれることを切に願っていますが、
あるなら、上手く使たいですね。



※オンラインサロン








私の書いた本




【5刷】


カテゴリ: Facebookの使い方 インスタグラムの使い方


中尾亜由美です。


●Facebookのシェアからインスタグラムのフォロワーを増やす方法



インスタグラムの投稿をFacebookに同時投稿すると、
こんな表示になります。



これって、Instagramの文字をクリックしても、自分のインスタグラムのプロフィールに直接飛ばないんです。


インスタグラムのプロフィールに飛ばないので、フォロワーを増やしにくいんですよね。


フォロワーを増やしたいなら、ここに飛んで欲しい。(Instagramのプロフィール画面)


プロフィールに飛ぶ理由は、フォローボタンがプロフィール画面にしかないからです。

こちらの緑の枠内のボタンが、フォローするボタンです(英語表示ですが)

(自分のでは出ないのでプロフィール画面お借りしています)



投稿記事自体にいいねも嬉しいですが、フォローしてもらえたら見てもらえる確率も増えるので嬉しいですよね。


では、どうしたらいいのでしょうか?
まず、色んなシェアの仕方の流れを見てみましょう。


Facebookからインスタグラムへはどう飛ぶのか?


通常、インスタグラムからFacebookに記事をシェアするとこんな表示になります。

(Facebookの投稿画面)


オレンジ枠をクリックすると、インスタグラム自体に飛びます。

緑枠をクリックすると、インスタグラムで投稿した記事に飛びます。

↓ ↓ ↓





自分のインスタグラムのプロフィールに飛んでもらおうと思ったら、
もうワンクッションいります。



こちらをクリックすると、プロフィールに飛びます。

↓ ↓ ↓




こんな感じにプロフィールに飛びます。
↓ ↓ ↓


このワンクッションってとても手間。
そして、知らない人も多いです。

記事だけ見て終わり〜となります。


この違いも知らない人は多いです。

同じInstagramって書いてあるからややこしい。





インスタグラムの記事を書いた時に、インスタグラム投稿と同時にFacebookにもシェアする時方法


このような画面で、投稿内容を書きますよね。



書き終えたら、Facebookにシェするをクリックして
インスタグラム記事をシェアすると、InstagramとFacebookに記事を同時投稿できます。



インスタグラムの記事を書いた後に、インスタグラム投稿をFacebookにシェアする方法

インスタグラムで記事を投稿した後に、
Facebookやツイッターにシェアしたい場合は、こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




クリックすると出てくるこの画面の『シェアする』をクリック。

↓ ↓ ↓



この画面になるので、Facebookをタップして文字の色を青に変えます。

↓ ↓ ↓



で、右上のチェック✔️をクリックすると、
再投稿&Facebookにもシェアできます。


上記の2つのシェアのやり方は、このようなFacebook投稿になります。





インスタグラムへ投稿後にURLをコピーしてリンクを張る場合

シェアではなく、Instagramの記事URLを収得してから、Facebookに張り付けるやり方もあります。

こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




この画面の『URLコピー』でURLをコピーする。
↓ ↓ ↓




コピーしたURLをFacebookに張り付ける。
↓ ↓ ↓




こんな表示になります。
↓ ↓ ↓



ブログを張っているような感じと同じですね。

こちらも、Instagramの記事にしか飛びません。



Facebookの基本データからインスタグラムへ飛ぶ場合

散々、プロフィールに飛ばすのは、どうするの?と書いてきましたが、
結局、シェアでは飛びません。


Facebookの基本データにウェブサイトと載せることができます。

こちら。緑枠がInstagram。




この場合は、インスタグラムのプロフィールに飛びます。
インスタグラムのプロフィールURLはこちらの緑枠に表示されます。
↓ ↓ ↓



このように、Facebookの基本情報から飛んでもらえれば、
プロフィールに飛びますが、


投稿した記事からインスタグラムの存在を知ってもらうことの方が効率はいいです。
基本情報を見ない人は多いです。


流れてくる投稿を見る人の方が多いですので、
その時にインスタグラムの存在を知ってもらって
フォローしてもらえるといいですね。


フォローボタンは、プロフィール画面にありますので
記事にいいねだけでなく、フォローしてもらえる投稿をしたいですね。



インスタグラムのプロフィールURLの作り方

Instagramの自分のプロフィールアドレスってスマホでは出ません。(Facebookの基本情報からは得ることができます)

なので、インスタグラムのプロフィールURLの作り方をご紹介。

作って、URLをどこかにコピーして保存しておくといいですね。


【ここにアカウント名】のところに自分のアカウント名入れます。

https://www.instagram.com/ここにアカウント名/

https://www.instagram.com/kisaragifuku/


これが、自分(中尾)のインスタグラムのプロフィールURLになります。



Facebookからインスタグラムのフォローをしてもらいやすい投稿

上記のやり方で、自分のプロフィールURLを得て、
Facebookの投稿に貼り付けた例です。



写真を効率よく見せたり、記事だけでなくインスタグラムの投稿を色々見てもらいたい時には、効果的ですね。



まとめ

投稿には、色んなやり方があります。
自分の考えもあって、こうやろう、ああしょうと考えるわけです。
何が効果的と、考える人もいるでしょう。

この記事はそんな中の一部です。

いかに、Facebookからインスタグラムのプロフィールに飛んでもらうかという話ですので、
記事のシェアでいいわ〜って方には必要ではないと思います。

パソコンからなら、簡単に出来ることも、スマホではできないことが多いです。

出来ればスマホで済ませたい人には参考になるかもしれません。

私自身、スマホでいかに効率よくするかを考えますので、
良かったら参考になさってください。





カテゴリ: ブログの書き方のコツ Facebookの使い方

アメブロ記事をFacebookに投稿しても画像が反映しないのはこれが原因



中尾亜由美です。


アメブロからFacebookに投稿している記事に、画像が反映していないものを最近よく見かけます。


あれ?
また、仕様が変わって連携が上手くいってないのかな〜と感じていました。
実際、私も今まで通りいかず苦労しました。


Facebookのサムネイル表示が今まで通りにいかないのは何故なんだろう。


コミュニティのメンバーも反映しないと困っていましたので、
色々と調べてみました。


使っている携帯にもよりますが、だいたいこんな現象が起きているようです。


Facebookでのブログ記事の反映の違い

こんな感じにしか反映していない投稿をよく見かけます。



写真も違いますし、記事が張り付いてるとわかりにくいですね。



こちら、同じ記事の投稿です。



本来なら、こんな風に反映します。
でも、上の写真のようになるのはなにが原因なのでしょうか。


ブログからFacebookへの投稿の仕方の違い(パソコン、スマホ)

ブログはどうやってFacebookに反映させるのでしょうか?
パソコンからの投稿の仕方と、携帯からの投稿のやり方です。


【パソコンからFacebookへの自動投稿】


ブログ記事を書いた後、赤枠のFacebook自動投稿にチェックをする。

『全員に投稿』をクリックすると、Facebookにもブログ記事が反映します。



【携帯からFacebookへの自動投稿】


パソコンと表示が違いますが、スマホで見るとこんな感じに見えます。
左の枠のFacebookをクリックすると、自動投稿になります。


こちらは、上のクリックを忘れても、投稿を押すと
シェアするの忘れてない?とアメブロが聞いてくれますので、
おっと、とFacebookをクリック。


こんなにシェアを進めるのに、仕様の変わり方が不便な方向に向いてるのは何故なんだろう。


Facebookが、アメブロの反映をしにくくしたと、昨年から言われていますね。


なので、amebloと入っているURLが表示しにくくなったと、ちょっとした騒ぎになっていました。


まぁ、売り込み記事がだいたいアメブロリンクなので、見る方がamebloが入ったURLを非表示にし出したので、目にする人が極端に減ったようでした。


最近はあまり感じませんが。
要は、売り込みくさい記事にしない事ですよね。
売り込まれると、人は嫌うので。


Facebookに自動投稿にした場合の表示


上記のような、自動投稿にしたら、このような反映になります。

この写真の記事ではないんですよね。



そもそも写真も違うし、表示が小さくて印象に残りません。

クリックもしてもらいにくいですね。
Facebookは、写真が大事なのに。


また、こんな風に画像も反映しない方もいます。
奥山宏美さんの投稿をお借りしました。
宏美さんも、上記の自動投稿方法です。




Facebookへブログ記事を上手く反映させる方法

Facebookから、見に来てもらえるような投稿をしたいですよね。
写真も反映しないのでは、目に付きません。


Facebook自動投稿をやめて、面倒だけど記事のURLをコピーして貼り付ける。
この方法をとってくださいね。


そうすると、こちらのようなサムネイル表示になります。
↓ ↓ ↓




これとは、全く印象違いますよね〜。
↓ ↓ ↓



面倒だと思って、ブログを書いたついでにFacebook自動投稿を押しちゃう。
そして、Facebook投稿をすぐに訂正する。


それをしたとしても、あなたのファンで『Facebookの投稿お知らせを受け取る』にしてくださってる方には、何の文章もない投稿が流れるのです。


手抜きが見えると良くないですね。


面倒だけど、手間をかけませんか?
ちょっとした事ですが、今までこれで大丈夫だった事が
大丈夫じゃなくなったりします。


まとめ

Facebookもアメブロも仕様がすぐに変わります。

今までできていた事が出来なくなったり、
逆に出来るようになる時もあります。

原因は色々あると思いますので、
思いつくことを試してみる事が
トラブル解消の近道です。

私自身もアレコレと触ってみて、発見する事が多いです。
1度ダメだったとあきらめない事ですね。

今回の投稿方法は、自動投稿をした事がなかったので、
発見でした。

参考までに。





カテゴリ: Facebookの使い方



中尾亜由美です。

Facebookは、日記として使っている。

と言うより、交流や拡散目的でしている方が多いのではないでしょうか。

交流もママ友同士のやり取りや、ビジネス目的など様々です。

また、人柄を出していけるのもFacebookです。

Facebookをビジネスとして利用する時に、とても損な使い方があります。

顔写真がない

プロフィール写真が、

自分の作品
ペット
子供
無料画像
顔なし




いったい誰だかわからない。

ビジネスは、信用されなければ成り立ちません。

誰だかさっぱりわからない相手にお金を払おうとは思わないのです。

しかも、直接会ったのに後々、顔写真がないと思い出せなくなるのでかなり損。

友達申請が来ても『正体不明』で削除されやすくなります。

名前がローマ字や本名ではない

ローマ字で記載していると、カッコいいだろうと思うのかもしれません。

でも、日本人なのでローマ字は馴染みがないです。

しかも、端からローマ字で検索しません。

また名刺を頂いて、あとから繋がろうとした時、名刺の名前とFacebookの名前が違うと検索できませんね。

出てこなければわたしは、すぐに諦めます。

リアルに会って折角ご縁があったのに、繋がれなくなりますね。

タグつけしにくい

これらは結果として、タグつけがしてもらえなくなります。

タグつけは、タグつけしてくれた人のお友だちにあなたが認知されるという利点があります。

Facebookのお友だちを増やすには、やたらと申請に行かない方が良いですので、タグつけで認知されるのは自然でいい流れです。

薄い友達を増やすより、あなたに興味を持ってくれる人と繋がる方が濃い繋がりになります。

その方が拡散もしやすいです。

ビジネスに使っているなら尚更ですね。

タグつけをしてくれた方は、共通のセミナーやお茶会などに参加した方だと思いますので、

興味のあることや趣味嗜好が似ていると思います。

そのお友だちなら、共感ポイントがたくさんあるはずです。

なので、あなたにも興味を持ってくれやすく、濃いお友だちの繋がりになっていきます。

タグつけは、お友だちが広がり拡散のチャンスなんですね。

それがしにくいとなると、かなりの損です。

Facebookのタグつけとは?タグつけの仕方

タグつけすると名前がリンクになり、それをクリックすると相手のプロフィールに飛びます。

また、タグつけすると相手にお知らせが行き、承認(承認制にしている場合)してもらえると相手のタイムラインにあなたの投稿が載ります。


・文章の中にタグ付けを入れる方法

@○○ ← 相手の名前を入れる。

@の後にタグ付けしたい人の名前を入れると候補が出てくるので、該当する人を選択するとタグ付け出来ます。



こんな風に太字になって、タグ付け出来ています。

@は消えています。


・文章内に入れないタグつけ方法

『友達をタグ付け』をタップ。


検索欄にタグつけしたい方の名前を入れ、その方を選びます。



青くなればタグ付け出来ています。

完了を押して終了。



こんな風に投稿には出ます。


現在、一緒にいないけど(笑)文章に入れないタグ付けはこの様になります。

タグ付けは拡散できるからと、やたらとして相手の迷惑になることだけはしない様に気をつけたいですね。(承認制にしていると嫌なタグ付けは削除できます)

タグ付けで、拡散を狙ってるだけのグループなどもありますが、目立って毎日すると意図的だと感じますので、イメージは良くないですね。

自然な流れでやりましょう。

まとめ

信頼関係は大切にしないと、ビジネスには繋がりません。

ツールを使うときは、何を目的にしているかハッキリさせること。

使い方を適当にしないことです。

ブログは待っているだけになりますので、Facebookでお知らせし、ブログに来てもらうという連係プレーが必要です。

そこから、更に広がることを考えないと折角の記事も読んでもらう方が少なくなってしまいます。

ビジネスとして使うなら、信頼とたくさんの人に知ってもらうことが大事です。

参考までに。




中尾亜由美です。


FacebookとInstagramのビジネスツールとしての使い分け方


半年くらい前から、気になっていたことがあります。
『Facebookの反応が落ちている』
昨年とも随分違っています。


あ、でも私自身のお客様は減っていないんです。
売り上げも伸びています。


でも、ビジネスとしての使い方を考えないと…と思い、セミナーでもインスタグラムの使い方をお話ししています。


Facebookは流れていくフローメディア、Instagramは写真に特化したSNSです。


私が感じる違いを書いてみますね。



Facebookについて


・自分らしさが出せる
・文字だけでも考え方や感情をしっかり発信できる
・年齢層が30代〜50代(起業系が多い)
・いいねで拡散
・コメントでの交流が盛ん(仲良くなりやすい)


Instagramについて


・写真中心のメディア
・世界観が出せる(ビジュアルに特化)
・ビジネスツールとして使える
・作品集として使える
・年齢層が20代〜30代中心


認知されるという意味では、どちらもコツコツ投稿は必須です。


【Instagramのメリット】


Instagramは、世界観が出せるという面では、作家さんは作品集として使えますが、私は『自分らしさ』を出すには、色んな写真があってもいいかなと思います。


Instagramを活用しているアクセサリー作家さんにも統計をとってみましたが、こんな世界観で活動しています、こんな人です、と見せていくやり方もいいんじゃないかと思うとの意見もありました。


でもしっかり、作品集として使うとこちらのようなケースもあります↓コチラ
Instagramビジネスツールのススメ | 入園グッズ専門店 りんごの木



【Instagramのデメリット】


インスタもいいねやコメント、メッセージも出来ますが、まだまだ眺めているだけのツールです。


閉鎖的な感じはします。


拡散力は、Facebookの方があると思います。



Facebookの投稿で必要なこと


・自分の意見を書けること
(写真がなくても、心からの文章には反応がとてもいいです)
・投稿に合う写真を選ぶ
(イメージに合う写真をチョイスするセンス)
・お友達の数
(少ないと反応が悪い)
・交流を楽しめること
(コメント返しに疲れないこと)
・ブログとの連携
(ブログの拡散にむいている)


Instagramの投稿で必要なこと


・写真が上手いこと
(写真が命です。下手なら効果なし)
・世界観の統一
(写真の雰囲気を統一しましょう。バラバラだとイメージがつかめません)
・ハッシュタグ
(ブログなどでは出口になると言われていますが、つけるといいねが一気に増えるのでインスタの場合は一概には言えません。色々と自分なりに試して反応を研究する必要があると思います)



Instagramは、昔は写真の加工アプリのような感覚で使っている人が多くいました。
ビジネスに繋がったり、作品集として使おうと変化したのは、最近のように思います。


芸能人も自分の世界観を出すのに使っていますね。


まとめ


・Instagramのいいところは、写真だけが作品集のようにパッと見てわかります。

・Facebookのいいところは、自分という人柄を出せます。

自分の作品やお客様の年齢層に合ったツールを使うことが大事です。

入園グッズ製作の水上里美さんの場合も、今回は、百貨店からのオファーでしたが、お母さんの年齢層に合っているのはInstagramですね。

Facebookには、里美さんの考え方や生き方に共感するファンがいらっしゃいます。

やはり、ファンの心を掴むのは、文章だけでも発信できて拡散力のあるFacebookですね。


私の服の場合は、働いている40代〜50代の女性が中心です。

ある程度お金に余裕があり、自分に投資できる世代。

上質の素材のものを着たい方などです。

そうなると、Facebookが効果的ですし、実際注文はFacebookとブログからしか入ってきていません。

メディアからのオファーもブログでした。

Instagramは随分長く使っていますが、年齢層が少しずつ上がってきているので、私も今後はもっと力を入れようと思っています。

コツコツと投稿をしていますので、毎日フォロワーが増えています。


ちなみにわたしのインスタグラムです。


ツイッターについては、20代の息子たちが拡散目的にフル活用しています(笑)

私は、入り口を増やすために自動投稿で流しているだけで、重要視はしていません。


※関連記事
ハンドメイド作家に向いているインスタグラム…使い方も考えて


?>