お申し込みはこちらから


東京なんでも質問会(10月3日開催)


中尾亜由美です。


1人でやっていると、こんがらがる事ないですか?

考えても考えてもわからないことは、聞くと早いです。


こんな質問をよくいただきます。


・具体的な価格の付け方
・ママ友との付き合い
・SNSが怖い
・発信の仕方
・批判や意地悪への対処法
・メンタル面
・家族との折り合い
・時間の使い方
・販売方法
・売れ売れにならない方法
・自分を出すって?
・売れない

などなど。





どれかに当てはまる方もいると思います。
当てはまらなくても、当日の他の方の質問でかなり発見があります。

ここが、グループでの質問会の魅力です。
自分の時間だけでなく、みんなの質問が全部勉強になります。



なんでも質問をお受けします。
またみんなの質問もシェアして考えてみませんか?




私は、ほぼ考えずにサクサク解決策をお話しします。


だてに、17年やってません(笑)
考え方も古くなるので、常に新しいことを勉強していますので、
それのシェアもさせていただきますね。




時代の流れも変わってきているのは、
みなさん薄々感じていませんか?


今まで通りにしていてはダメなこともたくさんあります。

古いビジネスのやり方に囚われていたら、
流れに乗れません。


なんだかうまくいかないな〜って方。
お待ちしていますね。





ネットを使って仕事をする上での悩みや、どうしていいかわからないことってあると思います。
人間関係もありますしね。


色んな人と交流しませんか?


私の開催するセミナーやイベントは、交流が目的でもあります。

リアルに人に会いたいけど、どこに行けば?
派手に人が集まるランチ会もなんだか緊張するし。

なんて、参加したいけど心配してなかなか行けない…
そんな方も交流しやすい人数で開催します。

みなさん、お一人参加なので、同じお気持ちだと思います。
ぜひ、飛び込んでみてくださいね。

※勧誘目的でのご参加はご遠慮ください。




中尾の本をご持参くださいましたら、サインもさせていただきます。




ご感想一覧


以前の質問会のご感想一覧です。

主婦起業は無理をしないで今できることをやればいい【名古屋@本質問会】

モチベーションを保つコツは「日々の幸せ」【名古屋読書会感想】

主婦起業は無理をしないで今できることをやればいい【名古屋@本質問会】

ハンドメイド作家さんってあまりビジネス的には得意じゃないってイメージだったんですが

↑私のイメージ

わかりやすく、具体的で、本当よかったんです。

FBやアメブロも読んで、愛のあるズバリな物言いにすっかりハマってしまって(*´꒳`*)

私、スピリチュアルなこととかオーラとか全くわからない人なんですが

一瞬近づくのもためらうほど、清らか空気を感じました。不思議!!


スッキリ、ズバッと!

そして愛に溢れたコメント!

私も質問させていただきまして、

悩んで?いたことが腑に落ちました(*´꒳`*)

うじうじ考えても仕方ないことだった!

このまま進んでいくぞー!!

会いたい人それは中尾亜由美さん

ハンドメイド作家やヒーラーなど
いろいろされてきた中尾さんがやってきた事や
思いを書かれたこの本↓

無理せず楽に楽しく、 好きな仕事で自立する方法/つた書房
無理せず楽に楽しく、 好きな仕事で自立する方法/つた書房


先月、手にしました


この本の中に

【何度も目にしたり
必要かもしれないと
思った時がタイミング】


というフレーズが出てきて


この本を読み始めてから何度も
中尾さんが名古屋にきます!!
お話し会します!!という記事が
目につく目につく


もうこれは会いに行くしかないと
意気込んで申し込み

中尾さん素敵な方でした

お話し会では参加者全員が
1人ずつ質問をさせていただいて…

ものすごく丁寧に的確に
質問に答えてくださいました
話し口調も優しい関西弁…
初めましてだったけど心鷲掴み(笑)


他の人の質問も目から鱗

本を読んだだけでは気がつかなかったことや
中尾さんの体験したことや思いを
ゆっくり聞けた1時間半


悩みがあっさりさくっり解決!!

私のやるべきこともわかったし

こんなことやるといいよも
教えていただいたので

さっそく動きだします


【講師】 



衣更月きさらぎ  中尾亜由美
現役の服作家。
第一子を出産後、息抜きの一環として小さな頃から好きだった手芸を再開。
もしかしたら、洋服も作れるかもしれない・・・と閃き、既製品から型紙を取り作り始めたのが服作家への一歩となる。

ずっと順風満帆だったわけではなく、色々なトラブルも経験済み。
そんな経験からハンドメイド作家として必要な事、また、自立する事の大切さを学ぶ。
売れている人を徹底的に研究し、販売のノウハウを叩き込みヤフーオークションでの販売開始。
毎回完売する作家となる。

2013年から自力でのネット販売を開始。
今ではSNSに写真を載せるとお問い合わせが来たり、お買い上げいただくことが増え
まさに「つぶやき」だけで売れていく状態。

16年間培ってきたハンドメイド作家としての心持ち、ノウハウ、ビジネスマインドを盛り込んだセミナーを2014年11月より開始、延べ700名以上の受講者がいる。
個人コンサルもお申し込みが途絶えることはない。

2016年二見書房より「売れるハンドメイド作家の教科書」を出版
2017年つた書房より「無理せず楽に楽しく好きな仕事で自立する方法」を出版
プライベートでは、夫、21歳と19歳の男の子の母でもある。

【2009年からの実績】

・展示会(鳥取、神奈川、千葉/合計17回)
・講習会・PTA講習会(12回満席)
・2012年ファッションショー開催
・テレビ出演・Ustream出演
・展示会の新聞取材掲載
・ネットオークション毎回完売
・販売記事を出して2日目に20,000円の服が売れはじめる。
・延べ、1200着以上販売
・コサージュ200個・モテシュシュ100個販売
・初のランチ会が2時間で満席
・コラボランチ会18名満席
・ヒーリングツアー定員オーバー開催
・トリプルセミナー1週間で100名満席→140名満席
・セミナー参加人数開催1年で延べ300名以上(名古屋、三重、静岡、東京、北海道、高知、香川、京都、福岡招致)
・コラボグループコンサル21名満席

ひとりで悩んでないで、仲間と一緒にお話ししませんか?
気軽にお越しくださいね。


みなさん、お一人参加でらっしゃいます。
大丈夫、中尾はかなり気さくです(自分で言う)


業種は問いません。

今までも、カメラマン・サロン経営・ヒーラー・店舗経営・鍼灸院・カウンセラー・ヨガ講師・パン教室など、様々な職種の方がいらしています。



開催詳細

【日時】

10月3日(火)東京

13:00〜15:00

【場所】

東京丸の内(参加される方に後ほどお知らせいたします)
素敵な場所を予約しました。

【参加費】

8,000円(事前振込み)
※当日の飲食代は各自ご負担ください

【募集人数】

10名


【お申込み】

こちらから


お申込み後、すぐに返信メールが届きます。

mail@kisaragi-2.comが必ず届く設定にしておいて下さい。

届かない場合は、mail@kisaragi-2.comまで、ご連絡ください。


お話をして、交流を深めませんか?

素敵な出会いが待ってるかもしれませんよ。


カテゴリ: Facebookの使い方 インスタグラムの使い方


中尾亜由美です。


●Facebookのシェアからインスタグラムのフォロワーを増やす方法



インスタグラムの投稿をFacebookに同時投稿すると、
こんな表示になります。



これって、Instagramの文字をクリックしても、自分のインスタグラムのプロフィールに直接飛ばないんです。


インスタグラムのプロフィールに飛ばないので、フォロワーを増やしにくいんですよね。


フォロワーを増やしたいなら、ここに飛んで欲しい。(Instagramのプロフィール画面)


プロフィールに飛ぶ理由は、フォローボタンがプロフィール画面にしかないからです。

こちらの緑の枠内のボタンが、フォローするボタンです(英語表示ですが)

(自分のでは出ないのでプロフィール画面お借りしています)



投稿記事自体にいいねも嬉しいですが、フォローしてもらえたら見てもらえる確率も増えるので嬉しいですよね。


では、どうしたらいいのでしょうか?
まず、色んなシェアの仕方の流れを見てみましょう。


Facebookからインスタグラムへはどう飛ぶのか?


通常、インスタグラムからFacebookに記事をシェアするとこんな表示になります。

(Facebookの投稿画面)


オレンジ枠をクリックすると、インスタグラム自体に飛びます。

緑枠をクリックすると、インスタグラムで投稿した記事に飛びます。

↓ ↓ ↓





自分のインスタグラムのプロフィールに飛んでもらおうと思ったら、
もうワンクッションいります。



こちらをクリックすると、プロフィールに飛びます。

↓ ↓ ↓




こんな感じにプロフィールに飛びます。
↓ ↓ ↓


このワンクッションってとても手間。
そして、知らない人も多いです。

記事だけ見て終わり〜となります。


この違いも知らない人は多いです。

同じInstagramって書いてあるからややこしい。





インスタグラムの記事を書いた時に、インスタグラム投稿と同時にFacebookにもシェアする時方法


このような画面で、投稿内容を書きますよね。



書き終えたら、Facebookにシェするをクリックして
インスタグラム記事をシェアすると、InstagramとFacebookに記事を同時投稿できます。



インスタグラムの記事を書いた後に、インスタグラム投稿をFacebookにシェアする方法

インスタグラムで記事を投稿した後に、
Facebookやツイッターにシェアしたい場合は、こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




クリックすると出てくるこの画面の『シェアする』をクリック。

↓ ↓ ↓



この画面になるので、Facebookをタップして文字の色を青に変えます。

↓ ↓ ↓



で、右上のチェック✔️をクリックすると、
再投稿&Facebookにもシェアできます。


上記の2つのシェアのやり方は、このようなFacebook投稿になります。





インスタグラムへ投稿後にURLをコピーしてリンクを張る場合

シェアではなく、Instagramの記事URLを収得してから、Facebookに張り付けるやり方もあります。

こちら右上の3つ並んだ点をクリック。




この画面の『URLコピー』でURLをコピーする。
↓ ↓ ↓




コピーしたURLをFacebookに張り付ける。
↓ ↓ ↓




こんな表示になります。
↓ ↓ ↓



ブログを張っているような感じと同じですね。

こちらも、Instagramの記事にしか飛びません。



Facebookの基本データからインスタグラムへ飛ぶ場合

散々、プロフィールに飛ばすのは、どうするの?と書いてきましたが、
結局、シェアでは飛びません。


Facebookの基本データにウェブサイトと載せることができます。

こちら。緑枠がInstagram。




この場合は、インスタグラムのプロフィールに飛びます。
インスタグラムのプロフィールURLはこちらの緑枠に表示されます。
↓ ↓ ↓



このように、Facebookの基本情報から飛んでもらえれば、
プロフィールに飛びますが、


投稿した記事からインスタグラムの存在を知ってもらうことの方が効率はいいです。
基本情報を見ない人は多いです。


流れてくる投稿を見る人の方が多いですので、
その時にインスタグラムの存在を知ってもらって
フォローしてもらえるといいですね。


フォローボタンは、プロフィール画面にありますので
記事にいいねだけでなく、フォローしてもらえる投稿をしたいですね。



インスタグラムのプロフィールURLの作り方

Instagramの自分のプロフィールアドレスってスマホでは出ません。(Facebookの基本情報からは得ることができます)

なので、インスタグラムのプロフィールURLの作り方をご紹介。

作って、URLをどこかにコピーして保存しておくといいですね。


【ここにアカウント名】のところに自分のアカウント名入れます。

https://www.instagram.com/ここにアカウント名/

https://www.instagram.com/kisaragifuku/


これが、自分(中尾)のインスタグラムのプロフィールURLになります。



Facebookからインスタグラムのフォローをしてもらいやすい投稿

上記のやり方で、自分のプロフィールURLを得て、
Facebookの投稿に貼り付けた例です。



写真を効率よく見せたり、記事だけでなくインスタグラムの投稿を色々見てもらいたい時には、効果的ですね。



まとめ

投稿には、色んなやり方があります。
自分の考えもあって、こうやろう、ああしょうと考えるわけです。
何が効果的と、考える人もいるでしょう。

この記事はそんな中の一部です。

いかに、Facebookからインスタグラムのプロフィールに飛んでもらうかという話ですので、
記事のシェアでいいわ〜って方には必要ではないと思います。

パソコンからなら、簡単に出来ることも、スマホではできないことが多いです。

出来ればスマホで済ませたい人には参考になるかもしれません。

私自身、スマホでいかに効率よくするかを考えますので、
良かったら参考になさってください。





カテゴリ: ブログの書き方のコツ Facebookの使い方

アメブロ記事をFacebookに投稿しても画像が反映しないのはこれが原因



中尾亜由美です。


アメブロからFacebookに投稿している記事に、画像が反映していないものを最近よく見かけます。


あれ?
また、仕様が変わって連携が上手くいってないのかな〜と感じていました。
実際、私も今まで通りいかず苦労しました。


Facebookのサムネイル表示が今まで通りにいかないのは何故なんだろう。


コミュニティのメンバーも反映しないと困っていましたので、
色々と調べてみました。


使っている携帯にもよりますが、だいたいこんな現象が起きているようです。


Facebookでのブログ記事の反映の違い

こんな感じにしか反映していない投稿をよく見かけます。



写真も違いますし、記事が張り付いてるとわかりにくいですね。



こちら、同じ記事の投稿です。



本来なら、こんな風に反映します。
でも、上の写真のようになるのはなにが原因なのでしょうか。


ブログからFacebookへの投稿の仕方の違い(パソコン、スマホ)

ブログはどうやってFacebookに反映させるのでしょうか?
パソコンからの投稿の仕方と、携帯からの投稿のやり方です。


【パソコンからFacebookへの自動投稿】


ブログ記事を書いた後、赤枠のFacebook自動投稿にチェックをする。

『全員に投稿』をクリックすると、Facebookにもブログ記事が反映します。



【携帯からFacebookへの自動投稿】


パソコンと表示が違いますが、スマホで見るとこんな感じに見えます。
左の枠のFacebookをクリックすると、自動投稿になります。


こちらは、上のクリックを忘れても、投稿を押すと
シェアするの忘れてない?とアメブロが聞いてくれますので、
おっと、とFacebookをクリック。


こんなにシェアを進めるのに、仕様の変わり方が不便な方向に向いてるのは何故なんだろう。


Facebookが、アメブロの反映をしにくくしたと、昨年から言われていますね。


なので、amebloと入っているURLが表示しにくくなったと、ちょっとした騒ぎになっていました。


まぁ、売り込み記事がだいたいアメブロリンクなので、見る方がamebloが入ったURLを非表示にし出したので、目にする人が極端に減ったようでした。


最近はあまり感じませんが。
要は、売り込みくさい記事にしない事ですよね。
売り込まれると、人は嫌うので。


Facebookに自動投稿にした場合の表示


上記のような、自動投稿にしたら、このような反映になります。

この写真の記事ではないんですよね。



そもそも写真も違うし、表示が小さくて印象に残りません。

クリックもしてもらいにくいですね。
Facebookは、写真が大事なのに。


また、こんな風に画像も反映しない方もいます。
奥山宏美さんの投稿をお借りしました。
宏美さんも、上記の自動投稿方法です。




Facebookへブログ記事を上手く反映させる方法

Facebookから、見に来てもらえるような投稿をしたいですよね。
写真も反映しないのでは、目に付きません。


Facebook自動投稿をやめて、面倒だけど記事のURLをコピーして貼り付ける。
この方法をとってくださいね。


そうすると、こちらのようなサムネイル表示になります。
↓ ↓ ↓




これとは、全く印象違いますよね〜。
↓ ↓ ↓



面倒だと思って、ブログを書いたついでにFacebook自動投稿を押しちゃう。
そして、Facebook投稿をすぐに訂正する。


それをしたとしても、あなたのファンで『Facebookの投稿お知らせを受け取る』にしてくださってる方には、何の文章もない投稿が流れるのです。


手抜きが見えると良くないですね。


面倒だけど、手間をかけませんか?
ちょっとした事ですが、今までこれで大丈夫だった事が
大丈夫じゃなくなったりします。


まとめ

Facebookもアメブロも仕様がすぐに変わります。

今までできていた事が出来なくなったり、
逆に出来るようになる時もあります。

原因は色々あると思いますので、
思いつくことを試してみる事が
トラブル解消の近道です。

私自身もアレコレと触ってみて、発見する事が多いです。
1度ダメだったとあきらめない事ですね。

今回の投稿方法は、自動投稿をした事がなかったので、
発見でした。

参考までに。





カテゴリ: 中尾亜由美の動画 出版のコト

自信なんてなくていい【トークライブの動画公開♪】



中尾亜由美です。


東京のトークライブで質問いただきました。


『自信ないのですが、自信ってどうやってつけるのですか?』



自信あるから、仕事をしてるわけではないんですよね。


もちろん
長くやってるからスキルがある
求められてるからやる
好きだからはじめる



って、色んなパターンがありますが、
それぞれに、自信ある!ってやる人ってそんなにいないんじゃないかな?



でも、矛盾してるな〜と思うのが
自信なくてしてるの?じゃあお金はもらえないよね?
と思う。
仕事にしてるんでしょう?って。


だからと言って自分を作るのもアウトだけど、
自信なさげな人から、買いたくないわけで。


ウソはダメです。


クオリティがあるなら、自信もっていいわけ。


自信なんて、やりながらドンドンついていくものだと思います。


お申し込みがあった
お客様に喜んでいただけた
誉めていただけた
リピートしていただけた
売り上げが伸びてきた


そうやって、自信になっていくんですよね。
わたしも、そうでした。


それも順調ではなく、落ちたりすることもあります。
でも、立ち上がってを繰り返して、鍛えられていくんだろうと思います。




出版記念のトークライブの動画です。
遅くなりました。


えっと、編集はしていません。
なので、ガチャガチャがぜーんぶ入っています(笑)

で、長いです!ウンザリするくらい(笑)
1時間30分くらい。


めっちゃ、色々しゃべってますが、いいこといっぱい言ってますが、
長いので見なくていいです!

興味ある方は〜カナヘイハート


ご覧になって、気に入ったら本買ってね♪
買ってくださたら、めっちゃ嬉しいです!


こちらは、田中史さん編集の動画です2つハート
サクッと見たい方はこちら。
あっという間に終わりまーーす







メルマガ

ボタン 好きな仕事で楽しく自立する秘訣をお届けするメール講座
ボタンなりたい自分を思い出す7つの質問【無料講座】
ボタン LINE@にて『今日のスピリチュアルメッセージ』を毎日配信♪
友だち追加





【日時】

10月13日(金)大阪こちらからお申込みください



ネタがあふれてくるファンのハートをつかむブログ講座


中尾亜由美です。


これからの時代、今まで以上にブログがとても大事なツールになります。


ブログが大事だと思ってもスラスラ書けないって方も多いです。
ブログがスラスラ書けて、習慣化すると楽なんですよね。


私は、1日に多い時で3記事上げています。
ネタに困ったことはあまりないんです。



ブログ歴は10年。
読者さんは、今(2017年7月時点)で3500人です。
1日のアクセスが、平均3500くらいで、多い時で7000を超えます。
最高は、1日30,000アクセスです。
アメブロのアクセスはかなり盛ってるのですが、
一応他の方との比較(アクセスが多い少ないと言う意味で)の目安にはなりますね。



ブログは楽しんで書かないと、それは読者さんにも伝わります。
義務的に書いても楽しくないし、
でも毎日発信することで知ってもらいたいし…
スラスラ書きたいですね〜。


先ずは習慣化が大事です。
書いたり書かなかったりしないことなんですよね。
習慣化するには、『今日は眠いのでまた明日』をやらないことなんです。


また今度書いたらいいや…は、
習慣化しなくなって、気ままなブログになります。
そうなると、読者さんは増えない、アクセスも増えない、誰も見てくれない、ってなります。


毎日配信されてるブログはアクセスも伸びますし、
読者さんも楽しみにしてくれます。



面白い
役に立つ
元気が出る
共感できる


こんなブログなら人気になりますね。
理想のブログの形を実現しませんか?


かと言って完璧じゃなくていいんです。
力を抜いてあなたらしいブログの形を作っていけるように、お伝えしますね。花




またブログは、待っているストックメディアです。
なので、どこからか来てもらえるように誘導をしないとアクセスは伸びにくいです。


検索に引っかかることと、Facebookなどのツールとの連携も大事になります。
そんなお話もしますね。



こんな悩みがないですか?

泣き ネタがない
泣き 何を書いていいか分からない
泣き アクセスが伸びない
泣き 記事の書き方が分からない
泣き お申し込みがない
泣き 読者さんが増えない
泣き ブログの形が分からない
泣き 苦なく書きたい





セミナー内容について


◆ 10時30分〜11時30分 ◆

【ブログを書く理由を考えよう】

・何のために書いている?
・誰に向けている?
・読んで欲しい相手を見つけよう

【ブログの形について】

・自分らしいタイトルの付け方
・ニックネーム
個人の場合
教室の場合
ダメパターン
・テーマ分け
・サイドバーの使い方
・スマホ対応
・カスタマイズ

【記事の書き方について】

・どう書けばいいのか
・告知を売り込みくさくしないコツ
・役立ち記事
・日記はいいのか
・長い前置きについて
・記事タイトルの重要性
・読みやすい記事とは?
・告知記事、販売記事、日記の書き方の違い
・ご感想記事の書き方

(ランチを挟みます)

◆ 12時40分〜14時 ◆

【Facebookとの連携について】

・なにが大事なのか
・写真について
・通常記事とリンク記事
・人柄が見えるのがFacebook
・誘導文の書き方
・投稿時間

【ネタ探しのコツ】

中尾のネタ切れしない楽しむコツをお伝えします。
・ワーク

【告知記事、販売記事、日記の書き方の違い】

具体的な事例を元に説明

【囲み枠・線のプレゼント】

・基本の罫線
・カラー罫線
・点線
・点線の罫線
・基本の枠(色々バージョン)
・点線の枠
・角丸点線の枠

中尾のセミナーは、なぜか楽しいんです音符


楽しくないことって頭に入ってこないんですよね。
楽しく進めています。


こんな方にオススメです

ボタン ブログを楽しんで書きたい
ボタン ネタに困らなくなりたい
ボタン ブログの形が合っているのか分からない
ボタン お申し込みに繋げたい
ボタン 今の時代に合ったやり方が知りたい
ボタン 自分らしく発信したい
ボタン 無理しないで書きたい
ボタン ファンの作り方を知りたい


久々にお会いする 亜由美さん、
全然高いところにいなくて、お話しやすいし、
面白いし、 必ずまたお会いしたくなる人

私、
ちゃんとした記事を書かなきゃ。
ちゃんと紹介しなきゃ。
まじめに。。!きっちり!

とか
”ちゃんと” にとらわれてしまって

全然書けなくなってしまったんですよね。。。(ノд・。) グスン


これスランプ!!


まさしくスランプ!!
体調不良とリンクしすぎやろ~~。。。


その書けなくなってしまった。。。という悩みにも
ズバ!!!っと

爆発させたらいいよ~

で楽になりました。
講座は

まず、何のために、誰のためにブログを書くのか、

ブログを書くときのコツやポイントなど、

ブログのデザイン的なことや

囲み枠やこうしてタグでの記事投稿について

ネタ探しのコツや

SNS活用法など

めっちゃ盛りだくさんで話してくれました。

質問コーナーも設けてくださって


タグ?


てなってるわたしにも、

めっちゃ親身に分かりやすいように、教えてくださったんで

今こうやってタグで、記事書けてます。
◆セミナー参加後のみなさんの結果です。


その後も、書きたいように書くことが出来てらっしゃいます。
ブログの文章は人柄が出ますので、飾らないこととと
素のままで書くことですね。


【講師】 



衣更月きさらぎ  中尾亜由美
現役の服作家。
第一子を出産後、息抜きの一環として小さな頃から好きだった手芸を再開。
もしかしたら、洋服も作れるかもしれない・・・と閃き、既製品から型紙を取り作り始めたのが服作家への一歩となる。

ずっと順風満帆だったわけではなく、色々なトラブルも経験済み。
そんな経験からハンドメイド作家として必要な事、また、自立する事の大切さを学ぶ。
売れている人を徹底的に研究し、販売のノウハウを叩き込みヤフーオークションでの販売開始。
毎回完売する作家となる。

2013年から自力でのネット販売を開始。
今ではSNSに写真を載せるとお問い合わせが来たり、お買い上げいただくことが増え
まさに「つぶやき」だけで売れていく状態。

17年間培ってきたハンドメイド作家としての心持ち、ノウハウ、ビジネスマインドを盛り込んだセミナーを2014年11月より開始、延べ700名以上の受講者がいる。
個人コンサルもお申し込みが途絶えることはない。

2016年二見書房より「売れるハンドメイド作家の教科書」を出版
2017年つた書房より「無理せず楽に楽しく好きな仕事で自立する方法」を出版

プライベートでは、夫、21歳と19歳の男の子の母でもある。

【2009年からの実績】

・展示会(鳥取、神奈川、千葉/合計17回)
・講習会・PTA講習会(12回満席)
・2012年ファッションショー開催
・テレビ出演・Ustream出演
・展示会の新聞取材掲載
・ネットオークション毎回完売
・販売記事を出して2日目に20,000円の服が売れはじめる。
・延べ、1200着以上販売
・コサージュ200個・モテシュシュ100個販売
・初のランチ会が2時間で満席
・コラボランチ会18名満席
・ヒーリングツアー定員オーバー開催
・トリプルセミナー1週間で100名満席→140名満席
・セミナー参加人数開催1年で延べ300名以上(名古屋、三重、静岡、東京、北海道、高知、香川、京都、福岡招致)
・コラボグループコンサル21名満席

中尾のセミナーは、横の繋がりが出来ると言われています。
せっかく会うなら、繋がって帰ってくださいね。

出会いの場でもあります。
参加者さん同士の交流もかなりあります。



みなさん、お一人参加なのでご安心を2つハート


開催詳細

【日時】

10月13日(金)大阪こちらからお申込みください

10:30〜14:00

※途中、みんなで近くのおしゃれなカフェにランチに行きます。
(飲食代は各自ご負担くださいね)

【場所】

・大阪 心斎橋
(受講される方に後ほどお知らせいたします)

【参加費】

15.000円(事前振込み)

【持ち物】

筆記用具
パソコンはいりません

【お申込み】


こちらからお申込みください


お申込み後、すぐに返信メールが届きます。

mail@kisaragi-2.comが必ず届く設定にしておいて下さい。

届かない場合は、mail@kisaragi-2.comまで、ご連絡ください。


お逢いできることを楽しみににしていますね花



セミナーまでに『7つの質問』をやってみてくださいね。