カテゴリ: 販売記事の書き方 ブログの書き方のコツ



ブログを書いていると最もおちいりやすい更新が途絶える3つの原因の解決法

中尾亜由美です。


好きな仕事で自立するステップメルマガを発行しています。
連続ものになっていますので、ご返信くださる方もいて、大変励みになっています。
連続ものにしているのには、次はどんな話になるのかな〜と楽しみにしてもらうためでもあります。


返信メールも悩みを打ち明けて下さったり、質問をいただいたり、様々です。
今回のブログについてのお悩みメールは、こちらでお答えしますね。


ブログが続けられない原因と解決法を書いてみました。

ありがとうございます( ´∀`)

ハンドメイド作家として
数年前までやっていたブログは、大して負担に感じた事もなかったのですが、いつの間にか更新が途絶え最近新ブログを立ち上げたものの…

楽しく更新できる日もあれば、ネタが無い!と苦しみながら更新、それが嫌で逃げてます!
そのままの自分を出すのが怖いというのが正直なところ、そのままでいきたいという想いもあり、板挟み状態といったところでしょうか。

自分に対しても、他人に対しても見る目が厳しいのはわかっているのです。
こんなの書いても面白く無いよね~とか、つまらないよね~とか何度も更新して、
うざがられたら!なんて考えてしまって上手く更新できずにいる今日此の頃です。

それでも、知ってもらうまではですね!もう一度チャレンジしてみます!
ありがとうございます。

ブログが書けないって方多いですね。

このお悩みには、結構たくさんの方が陥ることだと思います。



毎日書けない

ブログを書くと決めたら、止まらないことです。

読者さんは更新を楽しみにしていますので、
更新がなければガッカリさせてしまいます。
それは、マイナス貯金になりますし、
読者さんが離れていきます。

そうなると、また反応がなくなり(アクセスが伸びない)
やる気が失せる…
悪循環です。

いつその循環を断ち切るか。

更新をするしかないんですよね。


先ずは、習慣化することが大事です。


今日は、書かない。
調子が乗らない。と書かない日を作ってしまうと、習慣になりません。


習慣化すると、書かないと気持ちが悪い〜となって来ます。
そうなるまで、1日に1記事(最低ライン)は書くと決めること。


仕事とするなら、ブログは必須。
出来ないと言っていては、いつまでも出来ません。

やらなくちゃいけないことは分かってらっしゃると思います。



ここで、私の初期のヤフーブログを載せておきます。

ブログをはじめて、10年。
はじめよう!と思い立って、パソコン音痴だった私が30分で立ち上げました。

要は、やる気。

初めて書いたブログ記事はこちらです。


書いた文章はこれだけ。
ちょっと、勇気が出ませんか?(笑)

リネンが大好きなので、主にリネン布を使用しています。
キャミパンツなんかも作っています。キャミパンはコットンで*
今日、6点ほどヤフオクに出す予定です。
覗いてみて下さいね^^

しかも、顔出し本名出ししていません。
完全に謎の人。

10年前は、出そうもんなら袋叩きに近い批判を周りから受けました(笑)
モンモンとしていた時代ですね。

Facebookの登場で、一気に顔出し本名出しが広がりました。

ブログがあって当たり前の今の時代とは違って、ネットの普及もイマイチでこの頃は調べても出てこないものがたくさんありました。


記事の写真は命だとこの頃から思っていましたので、フォトショップも必死で覚えました。
渾身の写真なんですよ〜。

しかも、これ玄関の狭い場所。
家の建て替えでアパート住まいでしたので、ここしかなかったんです。

どうやったら、素敵に見えるか考えました。



ブログは気分で書かないことです。
書くと決めること。
そして、誰に向けて書いているか考えてみてくださいね。



ネタが無い!

これも、悩ましいですよね。
ネタがなければ書けませんから。

日々の生活の中にネタってたくさんあります。


家族がいれば、家族ネタ。
仕事をしていれば、職場の同僚ネタ。
街を歩いていても、テレビを観ていてもたくさん転がっています。


ブログを書くと決めたら、アンテナを張ること。


ブログネタを探そうとしてみましょう。


なんでもブログネタになります。
これ、面白い!や、教えてあげたい!など、出てくると思いますよ。


過去の経験や、悩んだこと、自分の物語など書いてみるのもいいですね。
食べ歩きが好きで、美味しいお店の情報を書いていたら人気になって、
自分のやっているサロンが流行り出したという方もいます。


先ずは、興味のあることを書いてみるのもいいでしょう。
作品や、サロンの提供メニューばかり書いていると、つまらないブログになりますからね。



そのままの自分を出すのが怖い

「こんなの書いても面白く無いよね~とか、つまらないよね~とか何度も更新して、
うざがられたら!」

そもそも、はじめは誰も見てないと思うといいですよ。

読者さんが少なければ尚更です。
見られてると過剰になる方が書けない事態におちいります。
人って他人のことは、あまり気にしてないんですよね~


顔写真出したら怖い
本名を出したら何かあるのでは


ほとんどの方が見てないんですよね。
なので、出してみたら得しかなかったと言う方が多いです。
(出す時は自己責任でお願いいたしますね)


記事の内容も、面白いかどうかは読者さんが決めること
面白く書かないと!と力まないことです。
はじめから、面白い記事を書けたら天才です。


何度も更新してうざがられたら…も、知られていないなら、何度も目にしないと思います。
しかも、知られていなければお仕事になりません。
知ってもらえるために何度も更新するのですから。


ありのままの自分を出せない。
自分を出さなければ、あなたらしさは出ませんので
誰が書いても同じになります。


自分らしさが出ているブログだから魅力があります。
そこに惹かれて、好きになってくださるのがファンなんです。



まとめ

そもそも、何のためにブログをやっていますか?
ただ何となくやっているのであれば、続きません。
根本を考え直してみてくださいね。


まだ、起きてもないことを心配しないこと。
やってみないとわからないですよね。

やらないで心配される方も多いです。

先ずは、やってから考えましょう。

結局、トライ&エラーしかないです。

やること。
続けること。

シンプルです。

あなたが好きな人のブログってないですか?
その人が好きな理由はなんでしょう?

その人らしさが好きなのではないですか?
いつも更新を楽しみにしていませんか?


ブログから人が見えるから、その人が好きになるんです。


先ずは、やってみることです。
続けてみると見えてくるものがありますよ。
成果も見えてきます。



この質問メルマガはブログネタになるかもしれません。



返信を頂いたメルマガはこちらです。



クローバー。 売れるハンドメイド作家の教科書/二見書房


カテゴリ: 起業塾 ビジネスコンサル

●楽しく自立したい!1ヶ月短期で徹底的コンサル




セミナーを受けて下さって、成果の出る方ももちろんいます。

でも、そのあとが大事。


継続ができるか。
わからなくなっていないか。



セミナーの内容のことができても、ああ〜〜ここ出来てないとな〜

と感じる方がたくさんいます。

セミナーでは、全て話しきれないからです。

ちょっとおしい…が、全くお申し込みに繋がらないことがあります。


そんな時に誰かに聞けるといいですよね。


こんなコトに悩んでいませんか?


チェック 人が集まらない

チェック 何を書いていいかわからない

チェック 何をすればいいかわからない

チェック 自分の良さがわからない

チェック ブログやFacebookが使いこなせていない

チェック 売上が伸びない



などなど、

1番大事な販売記事やお申込み記事も書けていますか?



お申し込みがないのは、


発信の仕方
記事の書き方
認知度
あなたの魅力


など、様々な要因が考えられます。

でも自分ではなにがいけないのか全くわからない。


決まった期間で、継続して誰かに見てもらえると、がんばれませんか?


わからない時にはすぐに聞けます。

17年の経験を生かした、あなたに合ったアドバイスをいたします。




こんな成果が得られます

音符 悩みがスッキリ

音符 やることが明確になる

音符 ブログを書くのが楽しい

音符 何をどうしたらいいのかが分かるようになった

音符 本来のあなたらしさを出していけるので楽に継続できる


聞きたいコトが、なんでも聞けます。

すぐ側にいますので、しっかり寄り添えます。

でも、やるのはあなたです。

自立を目指して進んできましょう。


現状を何とかしたい。


集客したい。

自分のブログって、どうしたらいいの?

誰に聞いたらいいの?

一人ではわからない。


分らないままの時間はもったいないです。




1ヶ月コンサルは、遠方でも対応します。

1度はお逢いしたいのですが、その後はスカイプでも対応しますね。
(ご相談ください)


【1ヶ月コンサルの概要】

・月3回の対面コンサル(1時間)、遠方の方はSkypeコンサル
・ブログやFacebookの添削
・FBメッセージで質問し放題
・販売記事などの添削
・メンタル面のサポート
・導線の見直し

私の個人コンサルは、25,000円ですので、とてもお得なプランです。


それに1ヶ月寄り添いますね。




行動しなければ、変わらないことは分かってらっしゃると思います。


苦手だけど、やってみよう音符そんな方、大歓迎です。


【講師】 



衣更月きさらぎ  中尾亜由美
現役の服作家。
第一子を出産後、息抜きの一環として小さな頃から好きだった手芸を再開。
もしかしたら、洋服も作れるかもしれない・・・と閃き、既製品から型紙を取り作り始めたのが服作家への一歩となる。

ずっと順風満帆だったわけではなく、色々なトラブルも経験済み。
そんな経験からハンドメイド作家として必要な事、また、自立する事の大切さを学ぶ。
売れている人を徹底的に研究し、販売のノウハウを叩き込みヤフーオークションでの販売開始。
毎回完売する作家となる。

2013年から自力でのネット販売を開始。
今ではSNSに写真を載せるとお問い合わせが来たり、お買い上げいただくことが増え
まさに「つぶやき」だけで売れていく状態。

17年間培ってきたハンドメイド作家としての心持ち、ノウハウ、ビジネスマインドを盛り込んだセミナーを2014年11月より開始、延べ400名以上の受講者がいる。
個人コンサルもお申し込みが途絶えることはない。

2016年二見書房より「売れるハンドメイド作家の教科書」を出版
プライベートでは、夫、21歳と19歳の男の子の母でもある。

【2009年からの実績】

・展示会(鳥取、神奈川、千葉/合計17回)
・講習会・PTA講習会(12回満席)
・2012年ファッションショー開催
・テレビ出演・Ustream出演
・展示会の新聞取材掲載
・ネットオークション毎回完売
・販売記事を出して2日目に20,000円の服が売れはじめる。
・延べ、1200着以上販売
・コサージュ200個・モテシュシュ100個販売
・初のランチ会が2時間で満席
・コラボランチ会18名満席
・ヒーリングツアー定員オーバー開催
・トリプルセミナー1週間で100名満席→140名満席
・セミナー参加人数開催1年で延べ300名以上(名古屋、三重、静岡、東京、北海道、高知、香川、京都、福岡招致)
・コラボグループコンサル21名満席

そろそろ、腰をすえてやってみませんか?

いつかはやらないといけないと思っていたけど、

やり方がわからなかった方。

この機会にしっかり見直したい方。


私も期間を決めて、みっちり見直しをして、

よし!これでいける!と思って出した販売記事から、

2万円のワンピースが即売れたんです。


それは、記事の良さと導線なんです。

自分らしさを出したり、認知を広げることなんです。

それを迷子にならず、効率よくやりませんか?



【期間】

月初から1ヶ月間

【コンサル場所】

◆ 対面コンサルは大阪市内
※詳細はメールでお知らせいたします。

◆ 遠方の方はSkype

【募集】

随時(スタートは月初めになりますがお申し込みは随時)

【価格】

100,000円

【お申し込み】

お申し込みはこちらから
お会いできると嬉しいです。



お申込み後、すぐに返信メールが届きます。
mail@kisaragi-2.comが届く設定にしておいて下さい。
届かない場合は、mail@kisaragi-2.comまで、ご連絡ください。


カテゴリ: 無料メール講座メルマガ

なりたい自分を思い出す7つの質問【無料メルマガ】




中尾亜由美です。

セミナーでも、重点を置いているのが、


自分らしさ


です。


これからは、人で売っていく時代。

好きになってもらって、ファンになってもらって、

あなたから欲しいと言われる人が生き残ります。


物も情報もあふれています。

調べればいくらでも出てくる類似品。

そこで、差別化になるのが人そのもの。


あなたは、1人しかいないんです。

あなたらしく活動すれば、戦う相手などいないのです。


ビジネスは戦いだなんて思いませんが、人と比べて落ち込むってそういうことです。

人と比べて戦って、ああ…負けた…と思って自分を見失う。


う〜ん、もったいないです。

あなたはあなたらしい売りがあるはず。


そこで、こんな7つの質問を考えました。

1、憧れの人はどんな人?
2、はじめたきっかけは何?
3、どんな人を幸せにしたい?
4、落ち込むことってなんですか?
5、どんな人と関わりたい?
6、与える人ってどんな人?
7、あなたのこだわりは何?



私自身、色々考えたり、人間関係に悩んだりしました。

そこで、こんなことが大事なんじゃないかと考えたことを質問にしました。


普通にメルマガでお届けしてもいいのですが、あえて質問にしたのにはワケがあります。


それは、


書くことの大事さ


です。

以前、私はプロジェクトチームを作っていました。

そこでの趣旨は、質問をし合ってそれにみんなで答え、切磋琢磨すること。

書くことで頭が整理されます。

整理されていないと、書けません。


また、どう書けば人にうまく伝わるのかの訓練にもなるんです。

それを積み重ねれば、ブログ記事はサクサク書けるようになります。

自分の感情を言語化することもできるようになるんです。


文章でいちいち書くのって面倒なんです。

でもね、面倒なことはやればやるほど、効果があるんですよね。

そこを避ける人は、中々成長しません。

仕事って、面倒なことをすっ飛ばして上手くなんて行かないんです。


これからは、ますますブログが大事になります。

ネット社会です。

ブログの記事がつまらないなら、ファンはできません。


あなたが、売れない…と思っているなら、人に愛を持っていますか?

愛を持ってブログを書いて、読者さんに届けていますか?


この質問に答えることで、自分が見えてくると思います。

ぜひ、トライしてみてくださいね。



毎日、質問があなたの元へ配信されます。

何時に来るかは、わかりません(笑)

その合間に、日々のメルマガもお届けします。

不要な方は、すぐに解除できます。

お気軽にどうぞ。


登録はこちらから




必ず、mail@kisaragi-2.comが届く設定にしておいてください。

登録されましたら、数秒後に一通目が届きます。

それが届かない場合は、迷惑メールに入っている恐れがあります。

大変申し訳ございませんが「届かないので直接送って」「どう設定すればいいですか?」などのお一人お一人に対応はできませんので、ご了承ください。



カテゴリ: ファンを作る 亜由美のつぶやき



中尾亜由美です。


お茶会やランチ会で名刺やチラシ配りで名前を記憶に残してもらうための5つの秘訣


わたしは、3、4年前に月に100人に会うというミッションを1年間していました。


まぁ、旦那さんにはぼやかれました。


『金ばっかり使って、お茶飲んでなんになんねん!』


そらそうですよね。会社員の男性から見たら、変な世界。

着飾ってる女子が集まってお茶飲んで遊んでるだけとしか見えないと思います。


わたしは当初、顔を知ってもらうための営業活動だと思っていました。


人にリアルに会うことは大切なのでコソッと行ったりしました。


しかし、会を進めるごとに疑問が出てきたんです。


お茶会でやりがちな名刺やチラシをやたらと配る

お茶会で、立ち上がって名刺交換会がはじまったり、


大勢集まるセミナーなどでも、走り回って名刺を配りまくる。


異様な光景として目に写りだしました。


私開催の少人数セミナーでは、個室のセミナールームなのでしっかりやっていただきたいのですが、


お茶会やランチ会は、公の場。(個室なら別です)


他のお客様もいます。


立ち上がって、ワーワー…全員が一斉に話すのでかなりうるさい。


何度もお茶会に参加していたらやはり、変な行動に見えてきたのです。


大人としてのマナーについて疑問に思いました。


名刺は誰のか覚えてますか?

結局、山ほど名刺をもらっても帰宅したら見ないんです。


しかも、おぼえてない…誰が誰か分からない。


それって配る意味なし。


わたしも、みんながするからと起業女子ブームに流されていた時期があります。


いや、この光景は変だぞ。


と思ってからは、席に座ったままでいました。

拡散狙いも薄くなると全く記憶に残りません。


しっかりお話して、興味を持ってくださった方だけに名刺やチラシを配る方が印象に残ります。

一点集中。

興味を持った方からもらうチラシや名刺は後からも見ます。


サービスを受けてみようかな?とも思います。


どんなお茶会にいけばよいか?

主催者に似た人や憧れていてこうなりたいと思う人が集まりやすいです。


まずは、主催者をよく観察してください。

趣味や着ている服、言動や行動。

自分の好みに合う、好き、会いたいと思うかどうか。

好みが合うなら、やっていることや作っていることに興味を持ってくださる確率は高いです。


『あんまり言動や行動も好きじゃないけど有名人だし行っておこう』

は、失敗するパターンです。

知名度があるけど、好きじゃない。は、やはり好きにはなれません。


所属グループに参加を進められたり、来る方が決まっていてグループ化していて無視されたりもあるようです。

輪に入れない。


自分で選んで行けるものなので、

『同じ人が集まっていないか』
『グループ化していないか』

しっかり、リサーチしてから申し込みされるとよいでしょう。


お茶会で、顔を覚えてもらうには?

まずは、目立つこと。


行動ではなく、座っていても気になる存在になるくらいです。


洋服が個性的
放つオーラ


放つオーラは、内面から出ます。


なので、人間磨きと浄化ですね。


余計なものを溜め込まない。


感情
脂肪
モノ


たくさんの人と会うので、どうしてもたくさん繋がりたいと思うでしょうが、

人数が多くなるほど、誰が誰かわかりません。

おとなりの席に座られた方としっかり話をしてたった一人でいいから、お友だちになることです。


うすーく100人知っているより、たった一人でも濃くお友だちになる方が断然よいですね。


その方のサービスを受けたり、紹介したりするとそこからの繋がりも出てきます。


その繋がりの方が濃いものになりますね。


引退時期は?

『あ、中尾さん!見てますよ!』
『会いたかったんです』

と声をかけていただけるようになってからは行かなくなりました。


顔を覚えてもらえるようになったら、引退です。


今は、厳選して参加していますがほぼ行っていません。


まとめ

今は、人間力の時代と言われていますが、

人間力は昔から必要なことだったんです。

モノだけ売ればいいとやっていたら、すぐに人気はなくなります。

誰彼と配りまくっている人は、結局誰にも繋がらないと思います。

大勢のうすーい繋がりを求めるより、少なく濃い繋がりをもてるようにするといいですね。

あ、お茶会は楽しいですからぜひ厳選して行ってみてくださいね。

やはり、リアルは強いです。



カテゴリ: Facebookの使い方



中尾亜由美です。

Facebookは、日記として使っている。

と言うより、交流や拡散目的でしている方が多いのではないでしょうか。

交流もママ友同士のやり取りや、ビジネス目的など様々です。

また、人柄を出していけるのもFacebookです。

Facebookをビジネスとして利用する時に、とても損な使い方があります。

顔写真がない

プロフィール写真が、

自分の作品
ペット
子供
無料画像
顔なし




いったい誰だかわからない。

ビジネスは、信用されなければ成り立ちません。

誰だかさっぱりわからない相手にお金を払おうとは思わないのです。

しかも、直接会ったのに後々、顔写真がないと思い出せなくなるのでかなり損。

友達申請が来ても『正体不明』で削除されやすくなります。

名前がローマ字や本名ではない

ローマ字で記載していると、カッコいいだろうと思うのかもしれません。

でも、日本人なのでローマ字は馴染みがないです。

しかも、端からローマ字で検索しません。

また名刺を頂いて、あとから繋がろうとした時、名刺の名前とFacebookの名前が違うと検索できませんね。

出てこなければわたしは、すぐに諦めます。

リアルに会って折角ご縁があったのに、繋がれなくなりますね。

タグつけしにくい

これらは結果として、タグつけがしてもらえなくなります。

タグつけは、タグつけしてくれた人のお友だちにあなたが認知されるという利点があります。

Facebookのお友だちを増やすには、やたらと申請に行かない方が良いですので、タグつけで認知されるのは自然でいい流れです。

薄い友達を増やすより、あなたに興味を持ってくれる人と繋がる方が濃い繋がりになります。

その方が拡散もしやすいです。

ビジネスに使っているなら尚更ですね。

タグつけをしてくれた方は、共通のセミナーやお茶会などに参加した方だと思いますので、

興味のあることや趣味嗜好が似ていると思います。

そのお友だちなら、共感ポイントがたくさんあるはずです。

なので、あなたにも興味を持ってくれやすく、濃いお友だちの繋がりになっていきます。

タグつけは、お友だちが広がり拡散のチャンスなんですね。

それがしにくいとなると、かなりの損です。

Facebookのタグつけとは?タグつけの仕方

タグつけすると名前がリンクになり、それをクリックすると相手のプロフィールに飛びます。

また、タグつけすると相手にお知らせが行き、承認(承認制にしている場合)してもらえると相手のタイムラインにあなたの投稿が載ります。


・文章の中にタグ付けを入れる方法

@○○ ← 相手の名前を入れる。

@の後にタグ付けしたい人の名前を入れると候補が出てくるので、該当する人を選択するとタグ付け出来ます。



こんな風に太字になって、タグ付け出来ています。

@は消えています。


・文章内に入れないタグつけ方法

『友達をタグ付け』をタップ。


検索欄にタグつけしたい方の名前を入れ、その方を選びます。



青くなればタグ付け出来ています。

完了を押して終了。



こんな風に投稿には出ます。


現在、一緒にいないけど(笑)文章に入れないタグ付けはこの様になります。

タグ付けは拡散できるからと、やたらとして相手の迷惑になることだけはしない様に気をつけたいですね。(承認制にしていると嫌なタグ付けは削除できます)

タグ付けで、拡散を狙ってるだけのグループなどもありますが、目立って毎日すると意図的だと感じますので、イメージは良くないですね。

自然な流れでやりましょう。

まとめ

信頼関係は大切にしないと、ビジネスには繋がりません。

ツールを使うときは、何を目的にしているかハッキリさせること。

使い方を適当にしないことです。

ブログは待っているだけになりますので、Facebookでお知らせし、ブログに来てもらうという連係プレーが必要です。

そこから、更に広がることを考えないと折角の記事も読んでもらう方が少なくなってしまいます。

ビジネスとして使うなら、信頼とたくさんの人に知ってもらうことが大事です。

参考までに。